01/07/12 (Sat)
代官山 蔦屋書店
先月5日にオープンしたばかりの代官山 蔦屋書店に行ってきました。ここ、すっっっっごくいいです!これまで一番好きだったTSUTAYA 六本木を超えました、完全に。ここは、創業当時の夢を辿るというコンセプトのもと、TSUTAYAの原点として誕生した書店の名前を取って「蔦屋書店」になったそうです。

とにかくさまざまな分野にわたって品揃えがものすごく豊富なうえ、建物のデザインやインテリアもセンスが良くかつ機能的なので、とっても楽しくていつまでもウロウロしてしまいそうな空間でした。Jazzのコーナーにも行きましたが、大好きなビル・エバンズのCDが素晴らしい音響で流れていて、まるでジャズクラブで生きた彼のライブを聴いているようで幸せでした。

この日は探していた星野道夫さんの「旅をする木」があいにく在庫切れでしたが、辻井伸行さんの「カーネギーホール・デビューLIVE」を買って、これまた幸せ。

ネットが発達すれば本屋は廃れるとか、若い人は本を読まないとか言いますが、ここはものすごーく混んでいて、年齢層は明らかに若い。ライフスタイルとして総合プロデュースすれば、本やCDなども売れるんだ、といういい例になるかもしれません。