01/17/12 (Tue)
「運命の人」
録画してあった「運命の人」を見たら、とても面白かったです。主役の本木雅弘がすごくいいし(もうすっかり立派な俳優ですね)、演出もかなり好き。弓成(本木雅弘)と三木昭子(真木よう子)が接近しつつあるのを微妙に察した時の原田泰造と松たか子のコワ~い描写なんか、すごくうまくてゾッとしました。(原田って演技うまいなあ)

弓成にしても山部にしても、情報のソースや入手方法の設定があまりにも単純で安易なのにはびっくりしますが、その分(?)、登場人物たちがシンプルに描かれていてわかりやすいし、心地よいスリルとスピードをもってズンズン進みます。この調子で2回目以降も面白いといいなあ。

きょうの写真はドラマのイメージで。外務省ではなく法務省ですが。