01/24/11 (Mon)
消えたアングル
いいお天気が続いているので、久しぶりに「富士山+新宿ビル郡」の写真を撮ろうと思い、文京シビックセンターの展望台に行ってきました。頭の中にあったのは、やはりこの展望台で4年前の1月25日に撮った下の写真のようなイメージでした。





きょうは富士山がどんな風に見えるんだろうとか、空の色はどんな感じだろう、などとわくわくして行ったのですが…上の写真を撮った場所に行き、窓の外を見ると、目に飛び込んできたのは…!?!





え…??一瞬、自分の目を疑ってしまいました。でも夢ではありません。このでっかいビルは…何!?!参考までに、撮りたかったアングルとほぼ同じになるように画像を切り取って拡大してみると…





ガーン…!!完全に以前の景色は消滅しておりました。このデカくて真っ黒なビルのせいで。(黒いのは陰になっているからですが) ショックを受けつつ、その場でこのビルについて検索してみると、景色を壊したという理由で「邪悪なビル」と出てきたのでちょっと笑ってしまいました…。ちなみにこの邪悪なビル(すぐ使う私)の正体はこちら

ちょうど隣に事情通(?)らしきおじさんがいて、「かなり反対があったらしいが、押し切った」みたいな説明をしているのも聞こえてきました。やっぱり反対はあったんだなあ…。だってこのビル、位置(=飯田橋)的にみても、完全に浮いてるし。

そういえば4年前にここへ来た時は、カメラを抱えた人たち(主に本格的な機材を持ったおじさんたち)が大勢いて、中には場所を争ってケンカしているおじさんたちもいるほど白熱した雰囲気だったのに、この日はほとんど人がいなくて、変だな~と思っていたところでした。この展望台のウリである「富士山+新宿ビル郡」の景色が消滅しちゃったんだから、当然といえば当然ですね。

それにしても、あの美しい景色がもう2度と撮れないのかと思うと、残念で仕方がありません。そして、景色というのは常に変化していくもので、今存在するからといって将来も同じように存在するとは限らないことを、ひしひしと実感するのでした…。