02/14/11 (Mon)
ちょっと通な?浅草・スカイツリー 散歩コース
久しぶりの快晴に恵まれた昨日、浅草界隈からスカイツリー周辺にかけて散策してきました。浅草といえば、ふと考えてみると、過去に行った時はたいてい雷門からまともに入って、ぎゅうぎゅう詰めの仲見世をのろのろと進み、浅草寺に着く頃には結構ヘトヘト…なので横っちょの道にはほとんど注意を払わずさっさと帰る、というパターンが意外にも多かったことに気づきました。

そこで今回は、「雷門は通らない」、「浅草寺は裏から出入りする」を条件に、いつもとはひと味違った雰囲気が楽しめる散歩コースを考えてみたのですが、これがとても良かったのでご紹介することに。



より大きな地図で 浅草・スカイツリー 散歩コース を表示



1. 伝法院通り
この日は都営浅草線の浅草駅A5出口からスタート。そのまま浅草2丁目の交差点まで北上し、そこから六区通りまで東西に走る伝法院通りに入ります。ここは今回一番気に入ったところで、江戸の風情を再現したお店がこぎれいに並び、白波五人男、江戸八人衆が隠れているなどの仕掛けがあったり、かんざしや踊り衣装、ブラシ、祭用品など、浅草の歴史とともに発展してきた専門店が多く、とっても楽しいです。仲見世と比べて格段に人が少ないうえ、道幅も広く、すごく歩きやすいのも良かったです。





2. 喫茶 天国
六区通りに入ってすぐ左にある喫茶 天国で、早々と休憩(笑) 有名なホットケーキもコーヒーもとてもおいしかったです。外はパリッと、中はふんわりの甘~いホットケーキを口に入れると、気分はまさに天国。





3. 六区通り
伝法院通りからつくばエクスプレス浅草駅へと続く六区通りには、渥美清や欽ちゃんを始めとする浅草ゆかりの芸能人の看板が並んでいます。「喫茶 天国」を出てこの通りをちょっと進むと、左側のほっそ~い路地の奥にお店のようなものが…。こわごわ中に入ってみると、本当にお店でした。薄暗くてものすごく狭いスペースに古着とかアンティークとかが置かれていて、昭和初期の誰かの家にタイムスリップしたみたい。何とも不思議な空間でした。





4. 奥山おまいりまち
六差路に出たら、右2本目の通りに入ります。これが奥山おまいりまち。ここを通って浅草寺の裏から入ろうという計画です。五重塔がある側につながっているので、五重塔通りとも呼ばれているようです。初めて来ましたが、浅草木馬館という大衆劇場があったり、昔風のおみやげ処の前で大道芸人がパフォーマンスをしていたりと、これまた楽しい通りでした。








5. 五重塔とスカイツリー
実は実際に歩いてみるまで、ここが本当に浅草寺につながっているのか自信がありませんでした。でも、本当につながってました!感動。美しい五重塔が目の前に現れます。ここでスカイツリーと一緒にパチリ。スカイツリーは法隆寺の五重塔を参考にしているそうなので、こうして並べて見るのは興味深いです。





6. 花やしき通り
裏から入ったので、やはり裏から出ましょう、ということで、今度は花やしき通りへ。ここまで来るとまた一段と人が減り、ちょっと寂れた感もありますが、そこがまたいいような気もします。花やしき少女歌劇団なるものがあったり、珍しい「昭和の紙芝居」おじさんもいました。こういうプロの紙芝居なんて生で見るの初めてかも。





7. 初音小路飲食店街
花やしき通りの出口の1本手前にあった小さな通り。試しに通ってみたら…これが怖いのなんの!ここは中国?みたいな汚い飲み屋が密集し、なぜかどこも満席で、みんな昼間っから飲んでいます。そのすべての人たちがとても観光客には見えなかった…。あの人たちはいったい何者で、どこからやってきたんでしょう。怖くて写真はナシ。ま、興味のある人は行ってみてくださいませ。


8. 雷門柳小路
西参道から公園通り商店街、グリーンロード、オレンジ通りを抜け、雷門柳小路へ。仲見世通りまで続く短い通りです。ここで好きなのは文扇堂という扇子とうちわの専門店。風情があります。


9. 吾妻橋
仲見世通りを横切り、突き当たりの細い道から雷門通りへ出て、吾妻橋へ。ここはスカイツリーとアサヒビール本社を撮影する観光客や外国人でいっぱいです。しかしこのへんちくりんな組み合わせ、外国人の目にはどう映ってるんだろうなー…。





10. 源森橋
吾妻橋をわたり、アサヒビール本社横を抜けて源森橋へ。ここはスカイツリー、電車、屋台船が一緒に撮れるスポットです。一緒に撮ったからどうなの?と聞かれれば、そうなのよーと同意してしまいそうですが、まあ数少ない(?)スカイツリーの撮影ポイントってことで。





11. 十間橋
源森橋をわたって北十間川沿いに東へ進み、業平橋を南側に、京成橋を北側に、西十間橋を南側にわたり、細い道を抜けて十間橋へ。ここが逆さツリーで有名なもう1つの撮影スポットです。逆さだから何?とか、水が汚いとか、もうツリーが高すぎて下まで入らないじゃん、と言われればホントそうねと答えるしかないのですが、やはり押さえておきたいポイントではあります。





12. 遠藤利三郎商店
十間橋をわたり、住宅街を通ってセブンイレブン横の遠藤利三郎商店へ。といっても酒屋さんではなく、れっきとしたレストランです。それもとってもおしゃれな。おそらくこのエリアではダントツにおいしいお店だと思います。ストウブ鍋で出てくるお料理はもう絶品。あ~シアワセ。というわけで、この日のお散歩は終了!