06/27/09 (Sat) - (Revised)
マイケル・ジャクソンのビデオコレクション
マイケル・ジャクソンが亡くなってから一夜明けましたが、まだ悲しい…。彼がリズムの天才だったことを、そして音楽も、ダンスも、演出も、すべてにおいて既成概念をくつがえす「全く新しい世界」を創り出した20世紀最大のエンターテイナーだったことを、あらためて痛感しています…。

でも、よく考えたらマイケルの全盛期を知らない人も多いんですよね。きょうはそんな方も必見の(?)YouTubeから独断と偏見で選んだビデオをご紹介します。

Smooth Criminal - Live in Bucharest (1992)
(ダンスのスキルはこの頃がピークだと思うくらい素晴らしい。曲もリズムもカッコよすぎる)



Billie Jean - Motown 25 Live (1983)
(ルックス的にはこの頃が一番良かったなあ)



Billie Jean - Live In Bucharest (1992)
(ビリー・ジーンのダンスが冴えに冴えていた頃)



Billie Jean - Live in Munich (1997)
(しつこくビリー・ジーン。かなり顔が変わっちゃってるけど、ダンスは最高。一番最後のカメラワークもお見事)



Thriller - Live in Bucharest (1992)
(とっても楽しい演出。これぞエンターテイメント)



Eddie Van Halen - guitar solo - Beat it (1983)
(大好きなエディのギターソロ。エディを知らなくてもこの部分は誰でも知っているのでは?)



Pepsi Generation (1984)
(ペプシのCM。子供たちがかわいい)



I'll Be There - Acapella (1970)
(子供の頃のマイケルのアカペラ)



今あらためて見てもすごいです。マイケル、どうぞ安らかにお眠りください。