07/10/13 (Wed)
みな美とスゥリル
ちょっと意味不明なタイトルですが、何のことはない、店の名前です。最近、初めて行った店の中でとーーってもおいしかったベスト2。みな美は、おばさん1人で切り盛りしている小さな小さな和食屋さん。銀座の雑居ビルの中にひっそりあります。このおばさん、今は料理作ってて忙しいから話しかけないでーーーーー!と言いたげなオーラを激しく発しているのですが、それは前半だけ。超おいしい料理と日本酒を出してくれ、片付けが終わるころには別人のようにリラックスしています(笑)

日本酒は、料理に合わせておばさんがセレクトしたものが出てきます。この日は、「幻の瀧(富山)」、「鍋島(佐賀)」、「加賀鳶(石川)」、「船中八策(高知)」の順番に出てきました。すべて純米酒。どれもおいしかったのですが、特に感動したのは鍋島でした。もうすっかり鍋島ファン。

スゥリルは、中目黒にあるいかにも中目黒という感じのスタイリッシュなフレンチ。カウンターから丸見えのオープンキッチンで2人の男性が必死に作っていますが、ミシュランに載ってもおかしくないほど絶品の料理を出してくれます。アミューズ・前菜・魚料理・肉料理・デザート、という普通のコースで3時間かかっちゃうほど出てくるのが遅いものの(だから余計に必死なのでしょう)、やっときた料理を一口食べると待っていたことがどーでもよくなってしまうくらいおいしいです。おいしい料理って人を寛大にするものだなあ、と実感。