08/09/12 (Thu)
Babylonを完全に削除する方法
きょうのタイトルは「とてつもなくしつこいBabylon」で始めたかったのですが、まあ長すぎるということでやめました。でもそのくらいしつこいBabylonのお話です。

ブラウザを開いたら、いつの間にかホームページと検索エンジンが「Babylon」になっていて、焦ってすぐにアンインストールしても、どーにもこーにも消えてくれない…そんな経験をした方はいらっしゃいますでしょうか。ワタクシはしました。このしつこさはちょっと異常です。なので、同じようにお困りの方のために、完全に削除する方法を書いておくことにしました。

これは、何かのソフトをダウンロードした時に、うっかりしていると一緒にくっついてくるのですが、注意深く見ているつもりでもやられちゃうことがあります。例えば下のような感じ。





以前なら、「クイックインストールはデフォルトだし、シンプルで早い。よって余計なものはくっついてこない」という理解で良かった気がするのですが、最近は逆です。むしろクイックインストールの方に何かがくっついていて、それを避けるにはあえてアドバンストの方を選び、そこにある選択肢(上の例では何もありませんでしたが)のチェックをすべてオフにする必要があります。しかもこの手口が何段階にも分けて潜んでいて、何がクイックだという感じです。

というわけで、ついうっかりとBabylonをインストールしてしまったら、まずはベクターからIObit Uninstallerをインストールします。え?このうえまたインストール…とおびえる気持ちを抑えつつ、ひと踏ん張り。

で、インストールしたアプリケーションを開くと、コントロールパネルにある「プログラムのアンインストール」に似た画面が出てきます。リストの中には「Babylon」という単語を含むプログラムがおそらく1つか2つ見つかります。それを1つずつ選択して、Uninstallボタンをクリックすると、下のような画面が出てきて、一連のプロセスが自動的に開始します。(選択肢にはStandardとAdvancedがありますが、勝手にAdvancedで始まります)





そのままだまって見ていると、真ん中の「Standard Uninstall」、一番下の「Powerful Scan」へと進みます。





この「Powerful Scan」が、コントロールパネルの「プログラムのアンインストール」と異なる部分です。普通はそのまま勝手に進むところをあえて途中で止めてみると、下のようにBabylon関連のレジストリがずらーっと出てきます。これをすべて削除しないと、完全に消えてくれないのです。で、Windowsのアンインストールだとそこまではやってくれないらしいのです。





さて、これでBabylonは完全にアンインストールされました。でも、ブラウザを開くと普通に出てきます、Babylon。これは、Babylonがインストールされた時にブラウザの設定を勝手に変えられてしまったためです。なのでそれを戻せばOK。

まずIEの場合は、「ツール」⇒「インターネットオプション」⇒「全般」タブを開き、「ホーム ページ」を元に戻します。次に、「ツール」⇒「アドオンの管理」⇒「検索プロバイダー」で、リストからBabylonを削除。これが「既定」になっている場合は消せないので、もとの検索エンジンを既定に戻してから削除。また今後のために、下にある「プログラムによる既定の検索プロバイダー変更の提案を禁止」にチェックが入っていない場合は、入れておきます。

もし、それでもうまく行かない場合は、「ツール」⇒「インターネットオプション」⇒「詳細設定」タブを開き、「Internet Explorerの設定をリセット」のリセットボタンを押します。IEはこれでOKです。

Google Chromeの場合は、ツールバーの右端にあるレンチアイコンをクリックし、「設定」⇒「検索」でまず検索エンジンを元に戻し、その右横の「検索エンジンの管理」⇒「検索エンジン」⇒「既定の検索設定」の中からBabylonを削除。同じく「設定」の「起動時」で「特定の 1 つのページまたは複数のページを開く」の右横の「ページを設定」⇒「起動ページ」からBabylonを削除し、元のページのURLを入れてOKをクリック。

これで完全に戻ります。…が、Babylonのインストールのされ方は複雑でその都度違うようなので、もしこれで足りない場合は、レンチアイコンから「ツール」⇒「閲覧履歴を消去」して、パソコンを再起動してみます。

もしくは、Google Chromeをいったんアンインストールし、インストールし直します。アンインストールの前に、グーグルアカウントでログインし、レンチアイコンから「設定」⇒「ログイン」の「同期の詳細設定」で「すべてを同期する」に設定し、また、アンインストール時に出てくる「閲覧データも削除しますか?」のチェックをオフにしておけば、再インストール後もすぐに使えます。

ま、Babylonに限らず、クイックインストールについてくるようなプログラムの仕様は日に日にしつこく、そして複雑に進化しています。でも当面はこの方法で大丈夫なはず…です、多分。