08/27/12 (Mon)
カクテルコンペ
カクテルコンペなるものに行ってきました。といっても、コンペに参加して、審査員と500人の観客の前でキンチョーしまくりながらカクテル・シェイカーを振ってきたわけではなく、パフォーマンスを見ながら飲んだり食べたり笑ったりしてきただけです。緊張で手がガタガタ震えたというバーテンダーさんもいたのに(あとでそう聞いただけで、そんな風には全然見えなかったけど)、申し訳ないくらいお気楽なポジションでした。

でも、バーテンダーさんの多くが、日頃、目に見えない努力を重ねて精進されていることを知りました。カクテル作りも、極めようと思ったら、実はものすごく奥が深いし難しいと思います。何と何をどんな比率でどんな風に混ぜたらどんな味や香りになるとか、そんなクリエイティブな設計センスとそれを評価できる鋭い味覚の両方を求められるわけですからね。私には到底無理。だからこれからも、ワタシ飲む人(笑)