09/26/12 (Wed)
スカイツリーと風水
まだまだ人気のスカイツリー。でもスカイツリーには、「風水的に位置が悪い」とか「皇居から見て鬼門」とか、はたまた「皇居とスカイツリーを直線で結んだ延長線上に東日本大震災の震源地がある」といった超迷信深いうわさもあります。

個人的には、ずっと地球の裏側に住んでいたこともあり、こんな小さな国の中で北東だから何?という感じなのですが、震源地に関しては、ちょっと確かめずにはいられませんでした。

まずは皇居とスカイツリーを直線で結びます。ちなみに皇居の北東は上野の寛永寺。スカイツリーはそれよりかなり東寄りです。これでも鬼門と言うのでしょうか。





…で、ここからがちょっと難しい。地図上では、皇居とスカイツリー間の距離に対して、震源地(ここでは3月11日14時46分のM9.0の震源地を入れました)がかなり離れているからです。でも無理やり引いてみると下のような結果に。





うーん…思ったよりもそれっぽく見えることは見えますね。でもこれはあくまで無理やり引いた非常にアバウトな線です。皇居とスカイツリーの角度を厳密に伸ばしたものではありません。角度が少しでも違えば距離とともに差は広がるので、実際はかなり離れているかもしれません。また、2点を結ぶ直線の延長線上には無数の地点が重なることも考えると、こんなことをしても結局ほとんど意味はないんですよね。

それでも、大ざっぱに見れば、迷信深い人が何だかんだと言うには十分だということはわかりました。何事もそうだと思えば真実になる、というか。そっちの方が怖いと思いますが。