10/08/11 (Sat)
空間線量率・セシウム分布図の最新版
6日に空間線量率とセシウムの分布図の最新版が公表されました。

文部科学省による東京都及び神奈川県の航空機モニタリングの測定結果について

都心が低かったのにほっとする反面、すでにホットスポットとして知られている葛飾区や江戸川区といった東部に加え、奥多摩町などの西部が高かったこと、群馬県が思っていた以上に広範囲に汚染されていたことに驚きました。他はだいたい、想像していた通りでした。