11/03/14 (Mon)
「吉例顔見世大歌舞伎」
吉例顔見世大歌舞伎」を初日に観に行ってきました。中村吉衛門、松本幸四郎、市川染五郎、尾上菊五郎、尾上菊之助といった超豪華メンバーによる「御存鈴ヶ森(ごぞんじすずがもり)」「歌舞伎十八番の内 勧進帳(かんじんちょう)」「義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)すし屋」の3本。

染五郎が「勧進帳」の弁慶を演じるのはこれが初めてとのことですが(「染五郎、念願の初弁慶…11月の歌舞伎座公演」)、気が遠くなるほどの長台詞が延々と続くにもかかわらず、最後の最後まで力のみなぎった迫力ある演技で、ただただ圧倒されました。かたや、父親の幸四郎は声が結構か細くてびっくり。お年のせいなのか、体調がお悪いのか…。

この日一番うれしかったのは、友達のコネのおかげで楽屋に行けて、その廊下ですっぴん・私服姿の吉衛門さんにご挨拶できたこと!ケーブルテレビで「鬼平犯科帳スペシャル 兇賊」を見て以来、吉衛門さんには憧れていたのです。ただ、「情熱大陸」を見て膝がお悪いことは知っていましたが、実際に脚を引きずってよろよろと歩いていらっしゃる姿を見たのは少なからずショックでした。舞台の上ではそんなそぶりは微塵も見せないので、さぞかしつらいんだろうなと心配になりました。

他には、弁慶姿のまま緊迫感を漂わせて戻ってきた染五郎や、この日は出演していなかったけど遊びに来たらしい(?)尾上松也(いまテレビに出まくっているので知っている人も多いかも)も間近で見ました。尾上松也はテレビとおんなじだった。

それにしても、歌舞伎というのはユーモラスな表情や台詞が多くて、昔の日本人の心の豊かさやおおらかさを感じさせますね。この数年間で、歌舞伎の楽しさが少しずつわかってきた気がします。