12/01/13 (Sun)
ロケ地フェチ
「ろけちふぇち」…ひらがなで書くと何だかいいづらそうですが実際はそうでもないロケ地フェチ。これは「テレビや映画に出てきた景色がどこなのかものすごく気になり速攻で探してしまう」とか「画面に映りこむわずかな情報をもとにロケ地を突き止めた時の快感がたまらない」といった症状を持つ人をさします。なーんて。私がまさにこれであります。

秋晴れが気持ちよさそうな下の景色は先週のドクターXから。病院内のポリティックスがあまりにもバカバカしくて2012年版ドクターXの方がずーっといい!と思いながらも一応見ているわけですが(2012年版と同じあの番組内で流れる沢田完さんの音楽が大好き)、同じくバカバカしい…とあきれまくりの大門未知子が空を見上げているこの橋はどこ?と探したら見つかりました。





ここです。その名も萬年橋。向こう側に見えている清洲橋の特徴がヒントになりました。





徳川家康の命によって作られた最初の運河で江戸幕府の「物流大動脈」に発展した小名木川にかかるこの橋は、ウィキペディアによれば「(小名木川に)架けられた橋はいずれも船の航行を妨げないように橋脚を高くしていたが、萬年橋は中でも特に大きく高く虹型に架けられていたことから、その優美な姿を愛された」そうで、葛飾北斎の「富嶽三十六景」や歌川広重の「名所江戸百景」にも描かれていました。大門未知子から徳川家康に行きつくとは思いもよらず。そのうち写真を撮りに行きたいです。