12/11/12 (Tue)
京都旅行 (3) - 番外編
京都旅行の番外編ということで、書くのを忘れていたミーハーネタを。

「京都」、「ミステリー」と来たら、やはりこの方が思い浮かびます。現在は娘の山村紅葉さんご夫婦が住んでいらっしゃるそうですが、表札は残っていました。また、明らかに観光客を意識して、窓という窓にはすべて立派な胡蝶蘭が「外向きに」飾られているのも印象的でした。実際、私たちがいる間もタクシーが時々やってきて、玄関前でちょっと止まるんですよね。ここは観光コースになっているようです。





そして、山村美紗と来ればこの方です。すぐ隣だったことでも有名です。今はもう住んでいらっしゃらないようですが、なぜか表札だけはそのままだったのでパチリ。この方の本には飛行機に乗るたびにお世話になっております。





そしてそして。京都・洛中に現存する唯一の蔵元、佐々木酒造さん。佐々木蔵之介の実家だそうです。ここの酒蔵は普通は見学できないのですが、友達のコネのおかげで私たちは内部に入れていただき、社長(蔵之介の弟さん)から丁寧な説明を受け、しかも「写真も撮っていいですよ」とか「発酵タンクの中も見ていいですよ。あ、写真もいいですよ」などなど、びっくりするほど親切でフランクに接していただきました。

発酵タンクの中を撮る時は、カメラのフードを落とさないように…とドキドキしていたのですが(よく落っことすので・汗)、あとで複数の友達に、「それより、あきちゃんがそこに落ちたら死んでたよ」と言われ、そっちの方が危なかったのかと気づいた次第です(笑) いやはや、日本酒って本当に大変な工程を経て造られているんですね。