12/17/2005
動くものの「経過」を撮る


車のライトがつながっていたり(例えばきょうの写真)、川や噴水の流れが絹糸のようにつながっている写真を見たことはありませんか?たまにはそういう写真を撮るのも楽しそうですよね。やり方は簡単で、

  1. 三脚を使う
  2. シャッタースピードを遅くする


の2つを行うだけです。2番目のシャッタースピードとは、シャッターが開いてから閉じるまでの速さのことで、この間に被写体が記録されます。つまり被写体の記録はシャッターが開いた瞬間に始まり、シャッターが閉じるまで続きます。通常はシャッタースピードが速いため、被写体の記録は一瞬で終わります。ところがシャッタースピードが遅くなると記録時間が長くなり、被写体の動き開始から終了までの途中経過も記録されるわけです。

試しにシャッタースピードを遅くして自分の顔を動かしながら撮ってみてください。顔の動きの開始時点と終了時点、そしてその途中経過が透けて写っているのが見れます。よく『奇○のアン○リバボー』の心霊写真コーナーに、単にこれと同じ要領で撮った写真が出てきて、「これは悪霊の影響です」などと仰々しく分析されていますが、あれはもちろんインチキです。(って私も写真を始める前は、あれを恐がって「きゃー」となっていた1人でございます、おほほほ…)

というわけで、シャッタースピードを遅らせて被写体の記録時間を長くすると、車のライトがつながって見えたり、川や噴水の流れがつながって見えるのです。きょうの写真は「三脚+手押し+ISO800+露出補正プラス2+シャッタースピード10分の1秒」で撮ったものです。

手押しにしたのは、車の流れを見ながらライトがきれいに繋がる「タイミングを狙う」ためです。三脚なのになぜISO800なのかというと、ここはマンハッタンブリッジの上なので始終後ろを地下鉄が走り、地面がぷるぷる揺れていたことと、光の量が足りなかったためです。シャッタースピードを10分の1秒にしたのは、あまり遅いとライトが長くなりすぎて間抜けに見えるからです。巷で時々ブィーーン!と伸びきった長いライトを見かけますが、どうも気持ち悪く思えてしまいます。単に好みの問題デス。

あ、忘れてましたが、きょうはボツ写真はありません。でも右側の写真も見てください。これは同じ場所から昼間に撮ったものです。ライトをつなげた夜景とはずい分雰囲気が異なるので、参考までに載せてみました。